日々、仕事をするうえで、どのように時間管理を行っていますか?

komachiを導入することで、「いま、やるべきこと」がひと目で分かるため、

作業内容に迷うことがなくなり、スタッフへの教育もスムーズに行えるようになります。

また、チェックはスマホやタブレット・パソコンで行うことができるため、

「紙」での管理に比べ、圧倒的に作業時間を減らせます。

HACCP導入・運用におけるハードル

食品衛生法改善により、2021年6月、飲食店を含むすべての食品関連業者は、

HACCPの導入が義務化されました。

しかし、HACCPの導入・運用には次のようなハードルが立ちはだかっています。

問題点

  • 「やるべきこと」をスタッフ全員が共有する必要がある。
  • スタッフ全員が同じことができるよう、教育に時間がかかる。
  • 運用に人的負担がかかる。

HACCPに「komachi 」を導入するメリット

haccp対応komachi
HACCP対応komachi(例)

コストを削減できる

HACCPにkomachiを導入することで、チェックにかかる時間を圧倒的に減らせます。

作業時間を減らすことができれば、本来の業務に集中できるようになります。

コスト削減(例)

導入前

HACCPチェック時間 1日30分・月26日営業(担当者時給 1,000円)の場合

    コスト 1,000円/時間 × 30分/日 × 26日/月 = 13,000円/月

導入後

HACCPチェック時間 1日5分・月26日営業(担当者時給 1,000円)の場合

    コスト 1,000円/時間 ×5分/日 × 26日/月 ≒ 2,166円/月

(注)導入後の時間は、チェック項目量によって異なります。

ポイント

毎月10時間以上の時間を捻出!

10,000円以上のコスト削減効果!

お店のDX化ができる

HACCP運用のためにkomachi導入に伴い、仕入れ元のリストなどさまざまな情報をデジタルデータで取り扱うようになります。

さらに、デジタルデータだからこそ見えてくるお店の現状分析から、改善点が見つかるようになります。

仕入れ元の整理による効果(例)

飲食店において年間の仕入れ状況をデジタル化して現状を分析

年間仕入れの約60%が、特定の3社から行われていることが判明

仕入れ事業所別取引数(グラフ)
仕入れ事業所別取引数(グラフ)
飲食店の1年間の取引数(表)
飲食店の1年間の取引数
ポイント

現在、電話やFAXなどで行っている仕入れのやり取りを、今後はデジタル化することで、作業コストの大幅な改善が見込めます。